プロペシアの女性の利用について

プロペシアは女性でも利用できる?


女性はプロペシアの服用が禁止されています。女性だけでなく、未成年者も服用が禁止されています。

そもそもプロペシアは、男性ホルモンが毛根へ与える影響を阻止する薬であり、体内に男性ホルモンがほとんどない女性が服用しても効果はまったく得られないのです。

妊婦さんは要注意!プロペシアの胎児への害は深刻


プロペシアは女性が服用してもまったく効果が見られないだけでなく、逆に危険です。もしも妊婦さんが服用してしまうと、おなかの赤ちゃんに深刻な影響が及んでしまうのです。赤ちゃんが男の子である場合、生殖器に異常が出てしまうことがあります。

なぜなら、プロペシアは男性ホルモンの働きを抑える薬です。生殖器の形成には男性ホルモンが大きくかかわっています。生殖器が形成される大切な時期に、へその緒を通じてプロペシアの成分が入ってくると、赤ちゃんの体内の男性ホルモンがうまく作用せず、生殖器に異常が起きてしまうのです。

もしも妊娠期間中、ご家族にプロペシアを服用している人がいる場合、妊婦さんはプロペシアの錠剤に触れることが無いように気をつけましょう。錠剤はコーティングされているのでそのまま触れる分には問題がないかもしれませんが、割れている場合、プロペシアの有効成分であるフィナステリドが指につき、皮膚から吸収されてしまうことがあるため危険です。

女性におススメな育毛方法


女性の場合、ストレスやホルモンバランスの乱れにより、頭皮の血流が悪化し、髪の毛が抜けやすくなることがあります。その場合、ストレスやホルモンバランスの乱れの原因となっていることが解決されると、再び発毛することがほとんどです。

それでも抜け毛を何とか改善したいなら、頭皮環境を改善する塗布タイプの育毛剤がおススメです。血流が悪くなっているなら血行を促進するタイプの育毛剤を選ぶと良いでしょう。また、頭皮が乾燥しているなら保湿タイプのもの、赤みを帯びているなら消炎剤が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

女性が服用できる、飲むタイプの育毛剤にミノキシジルがあります。これは頭皮の毛細血管を拡張して血流を促し、発毛させる効果があります。しかし、ミノキシジルは副作用に「体毛の増加」があるので、女性にはあまり人気がありません。ミノキシジルは頭皮への塗布タイプのものもあるので、まずはそちらを試してみるのもいいでしょう。


PS.女性でも利用できる育毛剤の種類や特徴になどについて知りたい方は、以下のサイトを参照ください。

女性用育毛剤まるわかり