プロペシアを服用中のアルコールについて

プロペシアを服用中のアルコールは問題あり?


プロペシア服用中であっても、適度な量であれば飲酒が可能です。プロペシアとアルコールは飲み合せが悪いという訳ではないのでその点は安心できます。ただし、プロペシアに限らず、薬は肝臓で分解されるため、アルコールの大量摂取により肝臓に負担がかかってしまうのは避けたいことです。

アルコールも薬も肝臓で分解される


アルコールはまず胃や腸から吸収され、血液に入って肝臓へと送られます。肝臓へ入ったアルコールは、様々な“アルコール分解酵素”の働きによって“アセトアルデヒド”に分解され、 次いで“酢酸”に分解され、最後には水と二酸化炭素に分解されます。

さらに、プロペシアを含め、薬を摂取したときに、その成分を分解するのも肝臓です。肝臓には、アルコールを分解するための“アルコール分解酵素”と、薬剤を分解するための“薬物代謝酵素”が存在しているのですが、アルコールを受け入れ許容範囲を超えて飲んでしまった場合、肝臓では“アルコール分解酵素”が足りなくなってしまい、それを補うようにして“薬物代謝酵素”が使われます。

このことから分かるように、アルコールを飲み過ぎると、肝臓のプロペシアを分解する力が弱まってしまう危険性があるのです。

肝臓が弱るとどんな害があるのか?


肝臓でプロペシアが分解されにくくなると、薬の成分が分解されずに体内をめぐる時間が長くなるため、薬の副作用が出やすくなります。

例えば、プロペシアの服用による“男性ホルモン失調症”などは滅多に表れない副作用ですが、アルコールの大量摂取などによって肝機能が落ちていると比較的表れやすくなってしまいます。

アルコールは1日どれくらいまで?


適度と言えるアルコールの摂取量は人によって異なるので、飲むとしても、ほろ酔い加減になってきた時点で早めにやめるようにしましょう。一般的には、ビールなら1日大瓶1本まで、日本酒なら1合まで、焼酎なら1.2合まで、ウィスキーダならブル1杯まで、ワインなら1/4本まで、缶チュウハイなら1.5缶までが適量とされています。

また、少なくとも週に2日はアルコールを飲まない日を作り、肝臓を休ませてあげましょう。