プロペシアについて

プロペシアとは?


プロペシアとは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として処方される、飲む育毛剤です。

プロペシアは男性型脱毛症による脱毛を抑止する薬であり、発毛効果については「ない」とされているものの、服用患者の臨床データによれば、いくらか発毛も認められることが分かっています。

プロペシアは脱毛にどのように作用するのか


男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるテストステロンが、2型5-α還元酵素という酵素の働きによりDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されることです。このDHTが、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することによってヘアサイクルが乱れ、髪の毛が太くならずに抜け落ちてしまうのです。

ですから、男性型脱毛症の原因物質はDHTである、ということができます。男性型脱毛症の患者の頭皮を観察すると、脱毛部分の頭皮にDHTが多く存在していることが分かっています。

プロペシアは、男性ホルモンテストステロンをDHTに変換させる、2型5-α還元酵素の働きを抑えることによって、男性型脱毛症を効果的に予防します。

プロペシアとフィナステリドの関係


飲む育毛剤としてフィナステリドが有名です。このフィナステリドとプロペシアは基本的に同じものを指しています。簡単に言えば、フィナステリドは成分名、プロペシアは商品名です。フィナステリドという薬品を錠剤で服用できるように製品化したものがプロペシアというわけです。

プロペシアの購入方法は?


プロペシアは、医師の処方箋が必要な医薬品として取り扱われているため、市販では購入することができません。プロペシアは、男性型脱毛症を専門に治療しているクリニックで処方してもらうのが一般的です。皮膚科や内科で処方してもらえることもありますが、扱っていない場合が多いため、事前に電話で問い合わせてみた方が良いでしょう。


PS.育毛剤全般における気になることことについては以下のサイトをご覧下さい。

育毛剤まるわかり